猪俣組
小説 あらすじ
「小説」では、猪俣太一の過去の作品や、このサイトのために書き下ろした作品を順次掲載しています。不定期更新となっています。
内容はフィクションであり、登場人物やストーリーから連想される人物や事件、団体などとは一切、関係はありません。

下のタイトルをクリックすると、それぞれの内容を閲覧することが可能です。
右に作品のあらすじも書いておりますので、参考にしてください。
 鼬鼠 ITACHI
名古屋への転勤を命じられた私がほぼ二年振りに帰省した実家。記憶に残っていた我が家の断片は、しかし気づかぬうちに進行する病のようにどことなく変わっていて……。玄関から出たとたん、母が見つけた「鼬鼠」をきっかけに、帰省した経緯や現在の父母、そしてこれからを見つめ直す、人生のうちのほんの一瞬の切れはし。(2008.6.14(sat)掲載)
この小説を読む

 パーフェクト・パラダイス
希望を持てない。将来への展望も見出せない。お互いの顔色をうかがい、お互いの首を絞めるようにつながることでしか生存の道を選択できなかった悠希と猛。ゲイ(同性愛)という共通のセクシャリティから本能的に付き合うふたりは、金銭面は不自由のない富雄を交えて、後戻りできない狂気とドラッグ、暴力の世界へと墜落していく――(2007.1.17(thu)掲載)
この小説を読む

 ジャケット
家庭の事情により、退学を希望した覚──。彰生は、覚が去った学校生活を続けながら、覚とそれまでと変わらない交友関係を信じていたが、環境の違いにふたりの距離はどんどんと離れていき……。
彰生が覚に渡したジャケットを元に、ふたりの気持ちが擦れ違い、交錯していく。(2007.11.28(wed)掲載)
この小説を読む



Copyright © 猪俣組 All Rights Reserved.